なんとなく腕時計に思いをはせる

学生の頃、出掛ける時は当たり前のように腕時計をつけていました。

ところが、社会人になりだんだんつけなくなり、今ではまったく腕時計をつけなくなりました。

なぜなら、時間が知りたければスマホもあるし、移動は車を使うことが多いので、特に困ることもありません。

人との待ち合わせの時なども、目印になりそうな場所やお店には大体時計があるので困ったこともないからです。

そして、腕に日焼けをして時計の跡がつくことも嫌なのです。

ところが、こんな私が腕時計を使用するときがあります。

それは、旅行に行くときです。

旅行に行くと、いろんな交通機関を利用するので時間を知る頻度が高くなります。

そんな時、いちいちスマホを出して見るのは返って面倒なことです。

また、飛行機など制限のあるものにも乗る場合があり、どこでもスマホでというわけにはいきません。

便利なデジタルにも不便さを感じることがあるのです。

そんな時に、ふと思います。

前はこうして腕時計を見ながら待ち合わせをしたり、アナログたったなって。

いつしかアナログを置き去りにしてしまったけど、アナログもデジタルもいいところをもっているんですよね。

たまには、腕時計使ってみようかな、なんて思うようになります。