自分にあった腕時計とは何か

腕時計を購入するときの基準は人によって違うと思いますが、デザインで選んでいる方が多いと思います。

しかし実際腕につけて長時間経つと腕時計を重たく感じてしまったり、腕に当たる部分が痛くなってしかう方もいらっしゃると思います。靴を選ぶときは夕方足がむくんでいるときに選ぶのがよい、と言いますが腕時計を選ぶタイミングなどはあまりなく、むくんでいるのかいないのか、腕時計が長時間自分の腕に耐えることができるのかこれを判断するのは難しいです。

また二年に一回くらいは電池交換が必要になるクォーツタイプ、電池交換は必要ないけれども太陽光で充電するタイプなので定期的に腕につける太陽に当てるなどをしなければならないタイプ、両方必要ないけれども五年に一回くらいオーバーホールに出さなければならない機械式の時計など、種類が沢山あります。今は太陽光で充電するタイプがとても多くプレゼントとしても贈られていますが、この充電タイプのものも数年すれば充電池を交換しなければならないのです。

一番よいのは、一生ものを購入し大事にすることなのですが、そういう類の腕時計は高級なものになってしまいます。

春になれば入学式など腕時計のプレゼントシーズンが続きますので、自分の好きなタイプの春ものを購入するのも一種の方法かもしれません。