ラフな服装でも腕時計があれば仕事らしさが一気に出ると感じます

普段ラフな服装ばかりしている人、例えば私は私服仕事で通常はお客さんと顔を合わせることもなければ自分がどこかへ出向くわけでもないのでそんなにきちんとした服装ではありません。ニットにジーンズなんて日がほとんどだったりするのですが、そんな服装でも、腕時計をしていたらそれなりに仕事をしている人モードになるなと感じます。つまりわざとにラフな服装をした仕事人といった風を自動的に演出できるのです。腕時計一つで!です。もちろん遊び気分満載なものはカジュアルすぎてNGではあります。ここでいうのはあくまでもかっちりとしたビジネスタイプのもの。セイコーとかシチズンあたりの値段も1万円以上ぐらいからのものが妥当です。

ポイントはあまり高級ではないこともあげられます。

あくまでも仕事用として実用性第一といったところが大事です。

あまり高級なものになりますと、装飾・・・キラキラ宝石がついているようなタイプのものや金色できらめいているようなもの。

こういった物だと服が負けてしまってなんだかちぐはぐ感が出てしまうなと、腕時計の存在感が強すぎるのでしょうね。

そのようなわけで普段着につけて仕事モードになれるシンプルなものが一番重宝している今日この頃です。

色味はステンレスシルバー、派手な装飾はないタイプ。

お店で見ると地味に感じられる・・・ぐらいな方が飽きがこなくて長く愛用できると思います。
マイケルコース(MICHAEL KORS)腕時計専門店 | マイケルコースエリア