真っ白い腕時計は私の人生にとって大切な贈り物

2年前の冬、私は約4年務めた大手ゼネコン会社を退職しベンチャーの動画制作会社に転職しました。

転職への喜び、期待と同時に周りの反対や、うまくやっていけるかなど不安も多くありました。

そんな私を励ましてくれたのが当時お付き合いしていた彼です。転職祝いとして美味しい食事と真っ白い腕時計をプレゼントしてくれました。

以前から欲しがっていった真っ白い腕時計は前職ではちょっと派手でしたが、クリエイターが集う制作会社では派手なんて関係ありません。

「ここからがスタートだよ。一番大切なのは楽しい時間をどれだけ過ごせるかだからね。

この時計と一緒に楽しい時間を刻んでね」と言ってくれた彼の言葉を胸に未知の世界に飛び込んでいきました。

そこからは、毎日がすごいスピードで流れていきました。

腕時計を見る暇もないぐらい、次から次へとやることが降ってきます。

しかし、ふとした瞬間に白い腕時計が私の心を落ち着かせてくれました。

あっという間に1年が経ち、少し仕事にも慣れてきたこ頃、彼との間に新しい命を授かりました。

仕事で成功するために転職した私でしたが、赤ちゃんを産むという現実を受け止める時がきました。

真っ白い時計も少しだけ、くすんできています。

これからは、家族3人で時を刻んでいくことになりました。

人生何が起こるか分からないけど、この腕時計は私の人生にとって大切な贈り物です。

いつになってもこの腕時計が私の時間を刻んでくれます。